減税を考慮しない遺言書は無意味になることをご存知ですか? 減税を考慮しない遺言書は無意味になることをご存知ですか?

生前対策を税理士に依頼する理由 生前対策を税理士に依頼する理由

はじめまして。「節税遺言相談室」の石井輝光と申します。2015年1月に相続税の基礎控除額が引き下げられてから、生前対策がますます注目されるようになりました。

生前対策には様々な方法がありますが、当事者が誰も気づかずに損をしていたり、対策自体が無効になるケースが目立っています。その一例が、遺言書の破棄や遺産分割協議書への変更です。

理由は、相続税のことを深く考慮せずに生前対策を実施してしまうからです。詳細は「節税遺言相談室」の各種サービスページをご覧いただくと分かりますが、税金のプロである税理士にしかできない生前対策があるのです。

節税遺言相談室のサービス 節税遺言相談室のサービス

  • 節税遺言サービス イメージ

    節税遺言サービス 節税遺言サービス

    遺言書は相続税を考慮して作らないと無駄になります。税金の専門家による確かな遺言書作成。

    詳しく見る
  • 民事信託サポート(個人) 民事信託サポート(個人)

    家族や跡取りに財産管理を任せて、三代、30年先の相続を見据える遺言の新プレミアム法。

    詳しく見る
  • 遺言執行サービス 遺言執行サービス

    相続税にも詳しい専門家が遺言執行者となり、遺言書の記載内容に沿って執行します。

    詳しく見る
  • 財産形成コンサルティング 財産形成コンサルティング

    相続税という負の遺産をテコに財産と収入を殖やしつつ相続税を節税できるサービスです。

    詳しく見る
  • がん患者様支援サービス がん患者様支援サービス

    早めに遺産相続にしっかり取り組むことで家族に安心を与え、闘病に専念していただけます。

    詳しく見る

様々な生前対策 様々な生前対策

相続税を正しく節税するための生前対策には様々な方法があります。被相続人の人数や遺産総額、健康状態、そしてあなたの希望を考慮した最適な生前対策とは?残された遺族が争うことなく、幸せな相続を叶えるための基礎知識を身につけておきましょう。

  • 遺言書作成
  • 生前贈与
  • 民事信託
  • 遺産分割
  • 生命保険
  • 不動産
  • 養子縁組
  • 財源対策

よくある質問 よくある質問

証人立会とは何ですか?
公正証書遺言の作成当日は証人2名が立ち会うことが法律で決められています。証人はご家族は許されておらず遺言書の内容を知られてしまうため、「他人」に頼むことをお勧めします。料金表にありますように別途50,000円(税別)にて2名の証人立会をお受けしています。
公証役場に払うお金があると聞いたのですが?
はい。別途、公証役場にお支払いただく費用がかかります。この費用は財産額や遺言の内容により変わるため、相談時にお尋ねください。
どのようなケースで役立ちますか?
特に、子どもがいない方や後継者で悩んでいる中小企業オーナーからの相談が多いです。また、多額の財産をお持ちの方が怪我や病気、認知症等になる前に民事信託をしておくと、万が一、意思判断ができなくなってからでも相続税対策ができます。
一覧を見る

事務所案内 事務所案内

  • 事務所名

    税理士法人お茶の水税経
    石井輝光行政書士事務所

  • 代表社員税理士

    代表社員 石井輝光 (税理士番号40119)

  • 所在地

    東京都千代田区神田小川町2丁目1番地7 日本地所第7ビル

  • 電話番号

    0120-323-127

一覧を見る

新着情報 新着情報

無料相談のお申込み、お問い合わせはこちら

0120-323-127 メールでのお問い合わせはこちら